iconv -f <from encoding> -t <to encoding> <inputfile> -o <outputfile>

指定できるencoding

UTF-8
UTF-16
SJIS
EUC-JP
ISO-2022-JP
iconv -l

で他もいろいろ確認可能。

-oはちとトリッキー。 同じ名前を出力に指定するとファイルが空になって返ってくる。。。 

なので、

function iconv()
{
  iconv -f SJIS -t UTF-8 $1 -o $1_iconv_$$
  mv $1_iconv_$$ $1
}
``

で逃がす。